Aikの趣味日記

イラストや動画制作の進捗、雑記等を細々と投稿するブログです。

MacOS Mojaveでざくざくアクターズ

はじめに

ここ数年、ニコニコ動画でゆっくり/ボイロゲーム実況動画を漁る日々が続いています。
そんな中、ふと気になった動画が…。

こちらはフリーゲームの「ざくざくアクターズ」を丁寧ていね丁寧にご紹介してくださっている動画です。

筆者はこのゲームのことを上記の動画で初めて知ったのですが、ゲームの作り込み具合もさることながら、キャラ同士の掛け合いやストーリー展開などなどもうとても素晴らしくて…。
「え!?これフリーゲームなの!??」とかって思っちゃいます。

また、「ざくざく」「アクターズ」とある様に、登場キャラが尋常じゃないくらいいらっしゃる様で…。
おまけに1人1人がすっっっごく魅力的なキャラばかりで、絵を描く筆者としてはファンアート描きたい欲がガンガン上がっちゃいます。

また、このゲームの作者様の公式ファンブック等もあるとの事…。
これはゲームクリア後に買うしかないですね間違いない。

hamusutagame.booth.pm hamusutagame.booth.pm

こんな素敵なゲーム、やるっきゃない!と思ってやろうと思ったのですが…。
筆者が持ってるPC、MacOSのなんですよね。
ざくざくアクターズはRPGツクールで製作されてるらしく、Windows環境じゃないと動かないって言うね…ナンテコッタ!

でもしかし、どんな状況でも抜け道はあるわけで…。
と言うわけで今回は、「MacOSでもざくざくアクターズをやる環境整備」をやっていこうかなと!

MacOSWindows環境を

さっき偉そうに抜け道とか言いましたが、まぁ…そんな複雑なことするつもりもなく。
あれですね、EasyWineを使おうかなと。
EasyWine - DLリンク: https://matome.naver.jp/odai/2140238022377155001

EasyWineを使えば無料でWindowsアプリ(拡張子がexeのもの)を起動することができます。
インストールも難しくない…ですが、一応手順をメモしておきますね。
(ぶっちゃけMacユーザーなら蛇足感もいい所ですがね…手順は折り畳んでおきます)

なお、EasyWineの最終更新は2018年8月15日となっておりますが、MacOS Mojave10.14.3では問題なく動きました。

EasyWineインストール・起動手順

  1. DLリンクから最新版のDLページへ
  2. EasyWine-20180815_wine-3.13.dmgをクリック、DL
  3. DLしたEasyWine-20180815_wine-3.13.dmgをダブルクリック、するとEasyWineのアプリケーションアイコンが出現
  4. 「アプリケーション」フォルダにEasyWineのアプリケーションアイコンを入れる
  5. ※入れ終わったらDLしたEasyWine-20180815_wine-3.13.dmgは要らんのでゴミ箱にシューッしましょう
  6. 起動したいWindowsアプリ(拡張子がexeのもの)を、EasyWineで起動
  7. ※2本指クリックで出てくるこのウィンドウからいけます
  8. optionボタンを押しながらクリックすると、EasyWineをデフォルトアプリにする事が出来ますので便利 "2本指クリックで出てくるウィンドウ画面"
  9. 初回起動時は下記の様な画面が出てくるので… "EasyWine初回起動時に出てくる画面"
  10. 「システム環境設定」から「セキュリティとプライバシーへ」、鍵をクリックし「このまま開く」をクリック "システム環境設定>セキュリティとプライバシー画面"

なお他の手段として、Parallels Desktop 14 for Macというのもあります。
こちらのソフトだとMacOSのアップデートにも対応してるのですが…有料(8500円)なんですよね。
おまけにWindowsのライセンスも別途必要です。まぁそりゃそうか…。
でも、ちゃんとアップデートにも対応してくださってるっぽい上に、仮想OSとして動くので…WindowsのUIをそのまま触れるのもメリットでしょうか。
(EasyWineはWindowsそのものを導入するわけじゃないのでね)
ただ、何でもいいからWindowsアプリを起動したいんじゃ!と言うのならちょっと行き過ぎ感ありますがね。

それと、もっと他の手段として「MacBookにWindowsOSも入れちゃう」と言う手段があります。
デュアルブートってやつですかね?
ただ、これだとPC上のリソースをWindowsへ渡さないといけないので…これもちょっと行きすぎかな。
興味のある方は下記に手順が乗せられていますので是非。
Boot Camp を使って Mac に Windows をインストールする - Apple サポート

ざくざくアクターズ起動!

何だかんだでかなり話飛びましたが、次はいよいよ!ざくざくアクターズ起動です!

こちら(Vector)よりざくざくアクターズのZIPファイルをDL、解凍してGame.exeをEasyWineで起動!

"RPGツクールVX Ace RTP要求画面"

…あ、ランタイム必要なのね。はい…。
と言うわけで、こちらよりRPGツクールVX Ace RTPをDL、EasyWineでインストール。
(インストール時は、念のためデフォルトで指定されているインストール先にインストールしました)
それから起動!

"ざくざくアクターズ起動画面"
やったー!

無事起動できました!
画面が少し小さく…おまけに画面ウィンドウの拡大もできそうにないっぽいですが、多分EasyWineの影響かな?
でもゲームプレイ自体は全然できる範囲ですしね!よぉしやるぞお!!

最後に

暫くはざくざくアクターズにハマる日々が続くかもしれません…Twitterとかに投稿する絵もそっち系が多くなるかもしれないですね。
他にもやりたいゲームは山ほどありますが、まずはこの!ざくざくアクターズをクリアしてから…かな??

ざくざくアクターズ作者さんが作成された「らんだむダンジョン」というゲームもあるらしいので…。
そちらもやっていけたらなって思います。

それではー!

余談

この記事の冒頭にて紹介した、ざくざくアクターズのプレイ動画ですが…。
この動画作者さんに支援絵を送付させていただきました所、何とPart9動画内にて支援絵をご紹介してくださりました…!
この場を借りてお礼申し上げます、本当にありがとうございます!

進捗記録・共有・管理ツール「qovo」使ってみました

qovo使ってみました

先日TwitterのTLで「qovo」というWebサービスを見かけ…。
ちょっと気になったので、どんなもんかと使ってみました。

自分が使ってみた感想としては…「非常に良いWebサービスだ!」といった感じです。
現時点(2018/07/31)では無料で利用出来るのもありがたい所です…!

ただ、現段階ではあまり著名なサービスとは言えないので…。
せっかくなので、この場をお借りして布教も兼ねた紹介をしてみたいと思います。
※今回も気合入った長文になっちゃいました!ご注意を…。

qovoとは?

まず、qovoとは何でしょうか?
公式サイトには下記のようにあります。

qovoはものづくりの進捗を記録・共有・管理するWebサービスです。
Webブラウザがあれば、PCからもスマホからも、どなたでもご利用いただけます。アプリではありませんのでインストールは不要です。

qovo公式サイトより

「進捗を共有」とあるように、qovoさんでは他の人の進捗を見たり、その進捗に関してコメントしたり、応援したり出来ます。
また、進捗を投稿する際にTwitterにも共有できます…と言うか、これがqovoさんの真髄ですかね。

なので、個人が使うツールではありますが…完全に個人が占有する(周りから見えない)ツールというよりかは、SNSの様な形式を取っています。
(もちろん進捗を非公開にもできるので、普通の進捗記録・管理ツールとしても運用できます)

進捗を応援してもらったり、誰かから尻叩きしてもらったり、はたまた進捗報告を通じた自身のプロジェクトの広告だったり…様々な活用の場面があると思います。

また、ちょっとしたTodoリストなんかよりも遥かに良い機能がたくさんあるので…。
ここからは、その便利な機能の一部をご紹介していこうと思います。

ライブ配信機能

qovoさんで進捗を記録する際、テキストや画像、動画、音声ファイルも一緒に投稿できるのですが…。
それに付け加えて、作業中のPC画面をそのまま動画キャプチャする事も可能なのです!
音声も一緒に撮れるので、ちょっとしたライブ配信も可能になっています…しゅごい。

また、この配信は公開、限定公開(URLを知っているユーザー、ゲストだけが閲覧可能)、非公開に設定することが可能です。
限定公開にしてゲストを招待し、ちょっとした配信会なんてのも出来そうですね…!

タスクのタイムライン表示機能

(この機能の名称がわからなかったので、仮でこう言う風な命名をしています)
qovoさんでは各進捗(同人誌制作とか、ゲーム制作とか…)に個別にサブタスクを設定できます。

そして、更になんと…このサブタスクを時間を基準に一覧表示もしてくれるのです!

"タスクのタイムライン表示画面"
こんな感じ

この画面ではユーザーが登録した全てのサブタスクを一気に見ることができます。

(例えば「同人誌制作」というプロジェクトプロジェクトで「ペン入れ」、「ゲーム制作」と言うプロジェクトで「シナリオ決め」というサブタスクを作成すると、この2つのサブタスクが同時に見れる感じです)

いつ頃がたくさんタスクを抱え込んでるか、どれとどれのタスクを並行しているか、等を瞬時に把握出来るので…タスク管理に非常に役立ちそうです。

Twitterでの進捗共有機能

例えば自分の大好きな同人作家さんが、今度のコミケで本を出すとします。
そして、もしその作家さんがqovoさんで定期的に、その本の進捗状況を(ラフとか線画とかの)画像付きでUPしていたら…?

その本を楽しみにしている人にとっては、本が完成していく様を知れて楽しいと思いますし、完成品だけでなくラフや線画も見たい!って方にとってはとってもありがたいと思います。

作家さん自身も、qovoさんのタスク管理機能を用いて管理ができますし、日々の進捗を振り返ることができます。

そして何より(これがすっごくいいなと思ったのですが)、進捗状況の投稿を通じて、自分の作品の宣伝ができます。

毎日決まった時間に定期的に投稿したりする事で、より多くの人に知ってもらえる確率が高まると思います。
また、近状報告も兼ねられますしね( *`ω´)

他のサービスにはあまり無い様なメリットだと思うので、ぜひぜひ…!

最後に

私がqovoさんを知ったのはつい先週だったのですが…。
その機能性に惚れ込んで、早速たくさんのタスクを登録しちゃってますorz。

おかげでタスクのタイムライン表示がすんごいことに。
ヽ(^ω^)ノ < どうしてこうなった!
でも、それだけ使える…もとい、良いサービスなんだなぁと感じます…qovoさんオススメ!

qovoさんに関して長々と書きましたが、詳しく知りたい方はぜひqovoさんの公式ヘルプを覗いてみてください!

また、qovoさんを実際に利用する事も視野に入れているなら、qovoさんに登録して使ってみる事をオススメします…!
チュートリアルがしっかりしてるので、事前知識なしでもすぐに使いこなせる様になると思います|д゚*)
(実際に触ってみてから公式ヘルプを見るとより理解が深まるかと…)

この記事を見てqovoさんが気になったと言う方はぜひぜひ下記からアクセスしてみて下さい!
良きqovoライフを…! qovo.jp

余談- 類似サービスについて

以前同系統のサービスとして「進捗ノート」が話題に上がったと思います。

筆者は進捗ノートさんは使ってないのですが…こちらの機能説明を見ると、qovoさんと同様の機能も多数見受けられました。
(どちらもTwitterでの進捗共有機能は備えてありますしね)

※ここからは筆者個人の意見となります、過信は禁物です…!

個人的には、進捗ノートさんよりもqovoさんの方が様々な面で…特に「タスク管理」という面において多機能だと感じました。
(機能数という面のみを見れば、進捗ノートさん < qovoさんといった形です)

しかし…この機能の多さ故に、進捗ノートさんの方が気軽さを強く感じる形になっています。
(進捗ノートさんも現時点(2018/07/31)ではベータ版(ver0.4.6)でしたし、今後大きく変わるかもしれませんが…)

「ちょっとやってみようかな〜」ぐらいな気持ちであれば、進捗ノートさんの方が手軽かなと感じました。

また、qovoさんは他ユーザーとのタスク共有機能もあるので…。
「大規模もしくは複数人でのプロジェクトを扱いたい」→qovoさん、
「小規模でかる〜い進捗報告ができればOK」→進捗ノートさん
といった様に使い分けてみると良いかも知れません。

個人的にいいなと思ってる印刷所まとめ Part1

私オススメの印刷会社を紹介しちゃいます

凝った同人誌 OR グッズ作成においては避けられない道…それが印刷会社選定。

Webの発達からか近年様々な印刷会社さんがせめぎ合ってしまっているこの状況下、印刷会社を選ぶだけでも結構な労力がかかります。

そこで、僭越ながら私がいつもお世話になっている OR 面白そうだなと思った印刷会社をご紹介しちゃいます。

印刷会社ごとのざっくりとした特徴やオススメポイント、そして私が調べた当時(2018/06/21)段階での価格や品揃え等もも軽くご説明できたらなと思います…!
どんな印刷会社があるか知りたい方へ、迷っている方へ、助けになれれば幸いです。

※なお、2018年6月21日現在で調べた情報ですので、仕様が変わっている場合もあります。
ここの情報はあくまで参考程度にお読みください(まぁ大幅な価格修正等はそこまでないと思いますが…)。

余談というか、筆者の個人的な意見なのですが…。
私は何かをグッズを作る際、どこかの印刷会社を一つの値段の指標として調べています。
(ここの印刷会社は基準会社よりも値段が安いか?オプションはどの位付けれる?で判断する感じです)

そしてこの調べ方…中々効率いい気がするんですよね。
私としては、今回紹介する印刷会社さんを皆さんが調べる際の指標にしてもらえればと思います。

なお、ここには載ってないオススメの印刷会社さんがあれば、コメントにて教えてくれると嬉しいです!

お世話になっているところ

筆者が日頃からお世話になっている(よく使っている)印刷会社さんをご紹介します。
結構がっつり紹介してるので、ご留意を…。

ポプルス

www.inv.co.jp

同人誌を安く印刷したいならここが真っ先に候補に上がります。

オプション無しの基本料金がとにかく安いです(本当に尋常じゃないくらい安い)。
フルカラー本でも本当にお安く…他の印刷会社さんを一通り見た後でここの料金表を見ればその安さに驚くでしょう。

基本料金が安いため、オプションを盛り盛りにしてもそこまで高くならないのもいいところ。

ただしオプションで選べる紙の種類はそこまでないため(特殊紙もあるにはあるがそれを付けると値段が跳ね上がってしまう)、
本当に凝った同人誌を作りたい場合は他の印刷会社さんを頼った方が良いかもしれません。
(あとWebサイトが1世代前のデザインのままです…

また本に関してですが、このオプションに「サービスポスター」というものがあり…。
A2~A1サイズなら5枚までで1枚につき1200円、A3サイズなら3枚につき500円でポスターを付けられます。
同人誌の表紙や裏表紙をそのままポスターとして印刷する事も可能です。
ただ、用紙の変更等は出来ないので…そのあたりはご留意を。

また、グッズに関してもたくさんの種類を取り扱っており、特にテーブルゲーム用グッズの種類がすごく豊富です。
(カードセット、カード化粧箱、サイコロ、ゲームマット、ダイストレイ、など…)

テーブルゲームを作る際には、ぜひここを覗いて見てはいかがでしょうか。

なお、ポプルスさんでは大体のグッズ作成の料金形態が「1個目を作る基本料金+2個目以降」と言った形になっております。
小ロット商品も作りやすい形式になってますが、複数作る際は他の印刷会社さんと料金比較をしてみた方が安く作れるかもしれません…。

そして…なんとポプルスさんでは無料資料請求ができちゃいます。
ラインナップは下記の通り(※2018/06/21時点)↓

  • カバー・表紙・本文用紙見本帳(2018年Ver)
  • 色上質紙見本帳(2017年Ver): 表紙用の最厚口、遊び紙用の厚口の見本帳
  • トレーシングペーパー見本帳(2017年Ver): 遊び紙/口絵として使用可能な各種トレーシングペーパーの見本帳
  • 飾り紙見本: 飾り紙のカット見本
  • 料金表: 本の料金/本のオプション、送料など/グッズの料金が全て明記(テーブルゲーム用グッズは別冊子に)
  • テーブルゲームを作ろう!! 2017年11月Ver: ポプルスさんで取り扱っているテーブルゲーム用グッズの紹介冊子
  • 3Dフィギュアを作ろう!! 2017年11月Ver: ポプルスさんで取り扱っている3Dフィギュアについての紹介冊子

筆者も無料資料請求をお願いし、内容を読んでみました。

各種見本帳では、ポプルスさんでお安く付けれるオプションの見本が載っていたので…。
ポプルスさんの価格の安さを活かし、かつちょっと豪華な冊子を作りたい際はとっても参考になるかと。

テーブルゲーム用グッズ紹介冊子では原稿の作り方も載っているため、これからテーブルゲームを作りたい方にはもってこいの内容だと思います。

同人冊子の印刷や、テーブルゲームを作りたい際はぜひ覗いてみてください!

おたクラブ

otaclub.jp

同人冊子印刷も出来ますが、筆者はこちらの会社はグッズ作成の時によくお世話になります。

というのも、おたクラブさんでは他の印刷会社ではなかなか取り扱ってない風変わりなグッズを、安く提供してくれているのです。

風変わりなものでは、例えば

  • ノーカットシール:
    筆者愛用。A4のシール用紙に好きなデザインを印刷できる。
    特筆すべきはコスパの良さ。A4内にシールを10種類入れれば、単価60円で枚数×10個のシールが作れちゃう!
  • A4サイズウッドバインダー:
    自分のデザインで木製のバインダーを作れる。 フチまでかなりしっかり印刷してくれるので、デザインの幅は大きい。
  • アクリルスタンド(お出かけ仕様):
    アクリルフィギュアに台座とボールチェーンがセットになったもの。 バッグ等に付けて持っていき、外でアクリルスタンドを組み立てることが可能。 コラボカフェ等に行く際のお供にしたら良いかもしれない?
  • コースター:
    定番のコルク地素材はもちろん、白雲石という高級素材を使ったコースターも作成可能。
  • カメオ:
    アクセサリーの一種で、ストラップ形式になっている。 アクリル系グッズよりも一歩秀でた仕上がりになる。

…など、ここでは紹介しきれないほど本当にいろんな商品を扱ってあります。

"おたクラブさんのカラーアクリルオプションプレビュー"
参考に、取扱商品の一覧表です。
「アクリル商品」等のページは、その中に「アクリルキーホルダー」や「アクリルスタンド」があります。
画像はおたクラブさんのサイトより(https://otaclub.jp)

また最小ロットもかなり少なく(1個から作成可能なグッズがたくさん)、値段も他の印刷会社と比べてけっこうお安めにまとまってます。

グッズによってはオプションもたくさん付けれる(アクリルキーホルダーは際たる例)ので、安く凝ったグッズを作りたい際に覗いてみるといいかもしれません。
(また、HPもとても見やすいデザインになってます。特にプレビュー画像はすごく見やすいです。

また、電話対応もすっごく丁寧で…。
些細な質問でも親身に答えてくれます(あと電話がつながるスピードが早い)。
商品を納品してからの対応(データ確認等)もすっごく早く、先日筆者が注文した際は

  • 朝10時に注文して
  • お昼頃に入稿して
  • その日の夜にデータチェックが完了

…なんていう事も。
※また、商品が届くのもHPに書いてた納品日より早かった気が…。
おたクラブさんの店頭で印刷対応してくれる商品もあり、締め切りに追われている方々への強い味方になると思います。

※ここからちょっと筆者の所感が入った意見になります

…正直変わったグッズを取り扱ってくれるところは結構あります。
ですがどこも最小ロットが多かったり(50個とか)、値段がちょっと手が届かない範囲にあったりで…。

そういう意味でもおたクラブさんは非常にいい印刷会社さんだと思います。
筆者はよくグッズ作成の際には、おたクラブさんを基準に印刷会社を探すのですが…結局「おたクラブさんがええわ」になる事も多々あったり。

「他にはないグッズを作ってみたい」という際の、強い味方になる事間違いなしだと思います。

次のPartに続きます

印刷会社さんをたった2社紹介しただけでこんな文量になってしまいました…。

あと4社紹介したいのですが、流石に長くなりすぎそうなので記事を分けることにします。

なお、次回は「オレンジ工房」さんと「pixiv factory」さんを紹介予定です!

個人的に調べた小ロットアクキー印刷所まとめました

アクリルキーホルダー印刷会社を調べました

サークルでアクリルキーホルダーを作る運びとなり、その過程で様々な印刷会社を調べました。

色々見ていって、かなりの量の情報を得ることができたので…。
せっかくだし、ブログに載せちゃおう!というノリで作ってみました。

また、筆者とサークルの先輩とで印刷会社を調べましたが、ここには載ってない印刷会社さんもあると思います…。
もしオススメの印刷会社があれば、コメントにて教えてくれると嬉しいです!

紹介にあたって

色々な印刷会社を筆者が見た上で、価格やユニークさを加味し、独断で判断した印刷会社さん5社を載っけております。

また、今回サークルで大体10〜20個作成する予定でしたので、個数や値段は10〜20個の範囲で調べてあります。

※この記事のタイトルに「小ロット」と書いてあるのはそういった理由です。
逆に10〜20個では発注できない印刷会社は、ここから省きました。

値段に関してですが…各印刷会社で一番小さなサイズの価格と一番大きなサイズの価格を調べてあります。

※サイズのmm表記は、「〇〇mm四方、〇〇mm以下」というニュアンスです。
(例えば30mmのものを作るにはこれ以上のサイズで発注する形です)

また、印刷タイプですが片面印刷時のお値段を載せてます。
どこの会社も片面印刷と両面印刷ではあまり差異がない(全体で200円程度の誤差しかない)ので、あまり気にしなくても大丈夫かと…。

お安く作成可能なオススメ会社

ここではお手頃価格(1個の原価400円以内)で製作できる会社を紹介していきます。

おたクラブ

アクリル商品 | 同人誌印刷所おたクラブ

  • 最小発注可能数: 5個
  • サイズ: 5種類、40mm/50mm/60mm/70mm/80mm
  • 価格:

    • 5個: 40mm 370円/80mm 910円
    • 6〜10個: 40mm 310円/80mm 770円
    • 11〜20個: 40mm 310円/80mm 770円
  • 納期: 10営業日着

  • 送料
  • チェーンの種類: ナスカン含め20種類+カラーバリエーション3種

オプションとして「カラーアクリル」というものが出来ます。

"おたクラブさんのカラーアクリルオプションプレビュー"
こんな感じ
画像はおたクラブのサイトより(https://otaclub.jp/products/category/acrylic_item)

オプションを付けると1個あたり大体50円〜70円ほど値上がりする感じです。

なお、ナスカンは一部のタイプを除けば種類ではなく色ごとに値上がり(1個あたり20円〜90円ほど)する形を取っているので、ナスカンの種類だけを選ぶなら値段は変わりません。

所感としては「安く作れるうえに色々オプションが付けられる」と言ったところでしょうか…。

ナスカンの種類もやばいくらいある(大概1種だったり6種だったりする)ので、色々カスタマイズも出来ると思います。

また、ナスカンタイプは…という場合は、「アクリルストラップ」「アクリルボールチェーン」と別の商品という形で発注もできるので、そちらを参考にしてもいいかもです。

余談ですが…。
アクリルスタンドのページに「お出かけ仕様」というオプションもあります。
どういったものかは下記のスクショを↓

"おたクラブさんのアクリルスタンドお出かけ仕様プレビュー"
こんな感じ
画像はおたクラブのサイトより(https://otaclub.jp/products/category/acrylic_stand)

すっごく面白そうだし創作の幅が広がりそうな商品だと思います。
気になられた方は是非是非!

TRINITY

trinity-sin.com

  • 最小発注可能数: 5個
  • サイズ: 30mm~120mmで10mm刻みで値段が変わる(ただし30mmと40mmは同価格)
    • 120mm以上のサイズでの発注も可能
  • 価格:
    • 5〜19個: 30,40mm 350円/120mm 520円
    • 20〜39個: 30,40mm 330円/120mm 490円
  • 納期: 2.5週間〜(相談可能)
  • 送料: 少数であればネコポス(全国一律378円)、基本はヤマト運輸(サイズや配送場所でかなり差異があるのでここでは割愛)
  • チェーンの種類: ナスカン16種類+カラーバリエーションのある種が3種
    • ストラップの種類も7種類から選べる

オプションの種類が本当にたくさんあり、

  • パーツ付与(80種類から選べる、一見の価値あり)
  • アクリルチャーム(75種類から選べる/自作デザイン可)
  • ラメ入れ(ハートや星型のラメ可)
  • カラーアクリル
  • 箔押し
  • ドーミング加工

などなど…まだ他にもありますが、本当に色んなオプションをつけることができます。

"TRINITYさんのアクリルチャームオプションプレビュー"
チャームのラインナップ表(チャーム自体の色も変更可能)
画像はTRINITYさんのサイトより(https://trinity-sin.com/goods/color-key/)

また、OPP袋(透明な袋)で個包装も無料でしてくれます。

そして「グッズ製作応援アイテム」として、様々なアクリル板やナスカンをサンプルとして取り寄せる事もできます…!
サンプル請求にはお金はかかりますが、実際に取り寄せてみてもいいかもですね。

所感としては「チャームやパーツを色々選びたいならここ」だなぁと思いました。
パーツもチャームも選びがいがありすぎるほどの種類を取り揃えており、見ているだけでアイデアが沸き立つのを抑えきれません。

絵柄等を一般向けにすれば、普通に商業製品として流通してそうなクオリティのものも作れそうです。
(雑貨店とかで出回ってるのって色々チャームやパーツがついてるイメージありません?あれ、私だけ…?)

MYDOO

ダイカット-アクリル(透明)|ダイカット-アクリル(透明)のオリジナルグッズ製作ならMYDOO

  • 最小発注可能数: 1個
  • サイズ: 4種類、40mm/50mm/60mm/70mm
  • 価格:
    • 1〜29個: 40mm 360円/70mm 390円
  • 納期: 7営業日前後
  • 送料: 600円
  • チェーンの種類: ナスカン2種類
    • ストラップやカニカンタイプ、ボールチェーンの他にイヤホンジャックも選べる!

オプションとして「台紙作成」が出来ます。
※単価が+30円となり、かつ同一デザイン50個以上の同時発注時に限ります
また、OPP袋(透明な袋)で個包装も無料でしてくれます。

個人的には、先に紹介してきた「おたクラブ」さんや「TRINITY」さんの方がオプションの多さという面で、アクリルキーホルダーに関しては軍配があがるかもなぁ…と思います。

しかし、このMYDOUさんは他のアクリル製品のラインナップが充実しており…。

  • ドミスト(8mmアクリルを使用したドミノのような形のアクリルストラップ)
  • 繋がるアクリルキーチャーム(連結可能なアクリルストラップ)
  • ゆらゆらアクリルキーホルダー(四角/丸型のフレーム内にキャラをつけられる)
  • やわらかクリアチャーム(くにっと曲がる塩ビ素材のアクリルキーチャーム)
  • イカットウッド(ヒノキ素材のストラップ)
  • アクリル時計
  • アクリル卓上カレンダー

など、面白い製品を作ることが出来ます。
「変わった商品を作ってみたい」時はここを訪れてみるといかがでしょうか。

オプションやその他機能が充実したオススメ会社

ここでは価格は先に紹介した分より高い(1個の原価500円以上)ですが、オプションやその他機能が充実したオススメの会社を紹介していきます。

きょうゆう出版

アクリルキーホルダー・アクキー1個から作製 | きょうゆう出版オンデマンド

  • 最小発注可能数: 1個
  • サイズ: 5種類、40mm/50mm/60mm/70mm/95mm
  • 価格:
    • 1〜9個: 40mm 510円/95mm 640円
    • ※以降は個数単位ではなくまとめていくらするかが書かれている
    • 参考に10個: 40mm 5100円/95mm 6300円
    • 参考に20個: 40mm 7200円/95mm 12600円
  • 納期: 9営業日
  • 送料: 地域によって差があるので割愛(※2000円以上の注文で送料無料)
  • チェーンの種類: ナスカンは有料(金銀6種)、ボールチェーンやストラップ紐は無料
    • 期間限定でカラーナスカン4種を無料で付けてくれる

オプションとして、「表面のコーティング(1個20円)」もしてくれます。

また、無料で行ってくれることが多く、

  • 背景色等をフチまでプリント
  • (大概はアクリル板の裏面から印刷するのを)表面から印刷に変更も可能
  • 中抜きカットOK(ドーナツ型などの中に穴を開けることが可能、もっと複雑な形状もOK)
  • OPP袋(透明な袋)個包装

…と、様々なことをやってくれます。
特に「中抜きカットOK」は強いと思います…これだけでデザインの幅が広がりそう。

所感としては、「ちょっと高めだが特殊な形にしたいなど、凝りたい場合はいいかも」と言った感じです。

チャームやパーツ取り付け可能とは無さそうなので、その辺りと相談は必須かもです。

pixiv factory

アクリルキーホルダーの作り方・自作の同人印刷/製作 - pixivFACTORY

  • 最小発注可能数: 1個
  • サイズ: 3種類、50mm/70mm/100mm
  • 価格:
    • 1個〜9個: 50mm 850円/100mm 1300円
    • 10個〜19個: 50mm 630円/100mm 930円
    • 20個〜29個: 50mm 590円/100mm 890円
  • 納期(発注してどれくらい時間を要するか): 10営業日
  • 送料: 756円
  • チェーンの種類: ナスカン

言わずと知れたイラスト投稿サイト最大手、「pixiv」さんが運営しているところです。

片面印刷しか対応されておりませんが、デフォルトで裏面に特殊加工がなされ、簡単には絵が剥がれないようにしてくれます。

また、pixiv factoryならではのサービスとして「pixivやBOOTHとの連携機能」があります。

pixivに投稿した1枚絵をそのままグッズとして作成する事もできますし、注文した商品を家ではなく、pixiv factory側が用意してくれた倉庫へ送る事もできます。

倉庫に送れば送料もかからず、BOOTHで注文してもらった際に倉庫からそのまま商品が届くので、梱包の必要がありません。
pixiv factoryならではの超強力なサービスといえます。

欠点としてはそのお値段の高さ。
また、オプション等も特に無いので…他の印刷会社と価格面やオプションを比較してしまうとどうしても見劣りしてしまいます。

ですがその分、先に申した連携機能や、画像1枚(なんとJPEGPNGファイルでもOK)で入稿可能なところ、納品時に実際の印刷仕上がりをプレビューしてくれたりと随所でのサポートが超強力です。

お値段が高い分、仕上がり具合も申し分ない出来となっております。
例えば友人への誕生日プレゼントに…など、気軽に注文したいときに利用されると非常に良いかもです!

最後に

ここまで記事を見てくれて本当にありがとうございます!

私の場合、こういった調べ物の際についつい調べ過ぎちゃって情報過多になりやすく…。
ですが、その分魅力等は伝えられたかなぁと…だ、大丈夫だよね?

今回5つの印刷会社さんしかご紹介できませんでしたが、他にもアクリルキーホルダーを取り扱っている印刷会社さんはあるので…。

冒頭でもお話ししましたが、「こことかオススメだよ!」「ここ紹介されてないぞ!紹介してほしい!」等ありましたらコメントして頂けると嬉しいです!
※後者の紹介するか否かは、筆者の判断となりますので確約はできませんが…。

LobotomyCorporationのvtuberスキン配布

Lobotomy Corporationの自作スキンを作りました

私が大好きなゲーム、Lobotomy Corporationのスキンを自作してみました。

公式さんより自作スキンに関する画像サイズの規格等が公式発表されていないので
※公式さんより自作スキンの画像サイズ規格が発表されました。
詳しくは下記を…。
Lobotomy Corporation :: Secondary creation and Employee appearance change MOD guide

スキン作成当時は上記画像規格が発表されてない中、自力で画像規格を調べて作ったもののため…。
多少のズレがあるかもしれません。
(ちなみに調査はコード解析とかではなく、実機で画像サイズを調整しながら吟味していきました)

一応こちら側でスキン投入後に実機で確認はしておりますため、致命的なズレ等は無いと思いますが…。
もし違和感を感じた部位等ありましたら、この記事にコメントか私のTwitterへDMという形で報告して頂ければ対応いたします。

このスキンで変更可能な部位

このスキンで変更可能な部位は下記の通りです。

  • 目(Eye)
  • 眉(Eyebrow)
  • 口(Mouth)
  • 前髪(Hair-Front)
  • 後髪(Hair-Rear)

配布画像の中に、それぞれ対応している部位の画像があります。

なお、一部のキャラは他のキャラと共通して使用している部位もあります。
共通して使用している部位に関する項目は、「一部スキンの共通部位について」の項目をご覧ください。

自作スキン配布について

下記のキャラに対応しているスキンを配布いたします。
配布URL→こちら(Google Driveです)

基本はバーチャルユーチューバー中心となっております。
追加があれば随時更新していきます。

"キズナアイの自作スキン適用画像"
キズナアイ
"ミライアカリの自作スキン適用画像"
ミライアカリ(E.G.Oギフトは除く)
"ココロヤミの自作スキン適用画像"
ココロヤミ
"電脳少女Youtuberシロの自作スキン適用画像"
電脳少女Youtuberシロ
"シロ組さんの自作スキン適用画像"
シロ組さん
"のじゃおじさんの自作スキン適用画像"
のじゃおじさん
"のじゃおじさん(モナコインお面着用Ver)の自作スキン適用画像"
のじゃおじさん(モナコインお面着用Ver)
"輝夜月の自作スキン適用画像"
輝夜
"猫宮ひなたの自作スキン適用画像"
猫宮ひなた
"乾伸一郎の自作スキン適用画像"
乾伸一郎

一部スキンの共通部位について

一部のスキンに関しては、共通で使用している部位もあります。
下記に説明いたしますので、衣装変更をする際に留意ください。

ココロヤミ

「ミライアカリ」と下記部位が共通です。

  • Eye_Dead: 死んだ時の目の画像
  • Eye_Panic: パニック状態の目の画像
  • Eyebrow_Battle: 鎮圧状態時の目の画像
  • Eyebrow_Panic: パニック状態の目の画像
  • Mouth_Battle: 鎮圧状態時の目の画像

のじゃおじさん(モナコインお面着用Ver)

「のじゃおじさん」と下記部位が共通です。

  • Eye_Default: 通常時の目の画像
  • Eye_Dead: 死んだ時の目の画像
  • Eye_Panic: パニック状態の目の画像
  • Eyebrow_Default: 通常時の眉の画像
  • Eyebrow_Battle: 鎮圧状態時の目の画像
  • Eyebrow_Panic: パニック状態の目の画像
  • Mouth_Default: 通常時の口の画像
  • Mouth_Battle: 鎮圧状態時の目の画像
  • Rear: 後髪画像

シロ組さんについて

このキャラには顔に関わる部位の画像はありません。
前髪に該当する画像のみを入れております。

シロ組さんへ衣装変更する際は、「前髪をシロ組さんスキンへ」「後髪スキンをハゲスキンに」するだけでOKです。

導入方法について

任意のファイラーで、まずは"LobotomyCorp"フォルダまで行きます。
その後、"LobotomyCorp_Data" → "CustomData" まで進みましょう。
そこまで進みましたら、配布ファイルの "Face" と "Hair" フォルダをコピーし、フォルダ内に入れて下さい。
これで導入は完了です。

補足説明

"Face"フォルダの中には

  • Eye_Default: 通常時の目の画像を入れる
  • Eye_Dead: 死んだ時の目の画像を入れる
  • Eye_Panic: パニック状態の目の画像を入れる
  • Eyebrow_Default: 通常時の眉の画像を入れる
  • Eyebrow_Battle: 鎮圧状態時の目の画像を入れる
  • Eyebrow_Panic: パニック状態の目の画像を入れる
  • Mouth_Default: 通常時の口の画像を入れる
  • Mouth_Battle: 鎮圧状態時の目の画像を入れる

計8つのフォルダがあり、 "Hair"には

  • Front: 前髪画像を入れる
  • Rear: 後髪画像を入れる

計2つのフォルダがあります。
これらに対応する画像を直接入れていってもOKですが、すごく面倒だと思ったので…。

こちら側で、このフォルダ構成にした画像を用意しています。
もし「このスキン画像は入れたくない!」等ありましたら、上記該当フォルダよりその画像を削除して頂ければOKです。

この自作スキンに関する補足

このスキンを元に、画像に加筆修正を行うのは全然構いません。
その加筆修正したものを配布する行為も全然OKです。

むしろやっちゃって下さい。自作スキン増やそうぜ!
※その際は、もし良ければこの記事へのリンクを貼って頂けると嬉しいです!

また、これを作成するに至った経緯等を書いた記事もあります。
aik0aaac.hatenablog.com

こちらには今回作成した画像サイズや比率もメモしているので、スキンを作成する際に参考になればと思います。